スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と日本とドミ共と

今回、日本に一時帰国して感じたこと。

それは「日本とドミニカ共和国の違い」

そんな当たり前のことを何でいまさら?と思われるかもしれませんね。

ただ今回は、
日本→ドミ共→日本→ドミ共と移動したことで感じたことを書きたいのです。


僕が最初に日本からドミニカ共和国に来たときは、

水や電気が不安定などの不便さに戸惑い、日本での快適さばかりを感じることが多かった。

まあ普通の反応なのかなと思う。



でも今回、ドミ共→日本→ドミ共と移動して感じたのは、

日本の人の多さへのうんざり感や、物価の高さ。
そして、人々の元気のなさみたいなものが非常に感じられた。

正直、いつも陽気で笑っているドミニカ人のほうが幸せそうに見えてしまった。

 
結局はどちらにもそれぞれの良さがあり、悪さがあるということなのはわかってる。

僕が最も感じたのは「この2つの国を行き来している(できる)自分の状況」
これが恵まれているんだということ。


この恵まれた、けれど限られた時間を有意義に過ごしたい。


悪いところではなく、良いところを。
ないものではなく、あるものを。
内川ではなく、森本ひちょりを。

隣の芝生の青さではなく、素晴らしい空や海の青さを。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。